monologue 2012.01

2011.01 2011.02 2011.03 2011.04 2011.05 2011.06 2011.07 2011.08 2011.09 2011.10 2011.11 2011.12
2010.01 2010.02 2010.03 2010.04 2010.05 2010.06 2010.07 2010.08 2010.09 2010.10 2010.11 2010.12
2009.01 2009.02 2009.03 2009.04 2009.05 2009.06 2009.07 2009.08 2009.09 2009.10 2009.11 2009.12
2008.01
2008.02 2008.03 2008.04 2008.05 2008.06 2008.07 2008.08 2008.09 2008.10 2008.11 2008.12
2007.01 2007.02 2007.03 2007.04 2007.05 2007.06 2007.07 2007.08 2007.09 2007.10 2007.11 2007.12
2006.01〜2006.03 2006.04〜2006.06 2006.07〜2006.09 2006.10〜2006.12
2005.01〜2005.03 2005.04〜2005.06 2005.07〜2005.09 2005.10〜2005.12
2004.12




2012.01.04 wed



しばし休みますよ。




2012.01.03 tues



昨年の暮れに書店へ行ったら、エリザベス・ボウエンの短篇集の翻訳が何冊かあったので、買おうかなと思ったんですが、パラパラめくってみて・・・どうも訳文がね〜(^^;なんかね、日本語がこなれていなくて、スタイルっちゅうもんがないのよ。それに、たまたま読んでみたところが、訳そのものもあやしい。買わずにウチに帰って本棚を探してみたら、2冊出てきましたよ。そのたまたま読んだ短篇が収録されていたのでたしかめてみたんですけどね、あれ、誤訳じゃないのか? ちょいとパラパラながめただけで誤訳箇所が見つかってしまうようでは・・・ねえ(笑)買わないでヨカッタ。




2012.0102 mon



「金」ときて連想が働いたものか、山田風太郎の「妖異金瓶梅」を読み返したくなったんですが、さて、廣済堂文庫、角川文庫、扶桑社文庫のどれで読みましょうかね・・・(^^*

干支の「辰(龍)」も中国を連想させますしね(笑)それはそうと新年早々、相変わらず浮世離れした悩みですね〜(^^;

Hoffmannさん、このところウイスキーばかりのみすぎですよっヾ( ̄∇ ̄*きょうは紹興酒にしてくださいっ♪

あらあら、花ちゃん気がきくわね〜(^o^*それじゃあ私も氷砂糖を入れて・・・ところで「妖異金瓶梅」ですけれど、長篇小説とはいっても連作小説集ですから、酔っぱらっちゃって中断しても、また次の日読み続けるのに便利ですね。この3冊なら私はやはり角川文庫の佐伯俊男の表紙を手に取りたくなりますね♪

ふっふっふっ、扶桑社文庫には二篇多く収録されているんだよ( ̄ー ̄)hic




2012.01.01 sun

今年もよろしくお願いいたします。



近頃はスーパーマーケットなどは元旦から開店しているところもあり、食材の買い置きもムカシみたいには必要なくなりましたな。Hoffmannがよく買い物するお店では、酒屋だけが1月4日まで休業するとのこと。まあ、これだけ用意しておけば充分です。

・・・って、もうすでに何本かは「飲みかけ」になってますよ〜((((*^o^)σ)~0~)/プニッ♪

後ろに写ってらっしゃる方はどなたですかっ?ヾ(・∇・?

いにしえの尊敬すべき大酒飲みだよ(^^;



今年の干支は辰ってことで、「ウルトラセブン」第13話「魔の山へ飛べ」から宇宙龍ナースの画像をどんぞ。これはワイルド星人の乗り物でもあったようで、とぐろを巻くと黄金色の円盤となるんですな、いや新年早々縁起がよろしい(笑)だれです? とぐろを巻く黄金とか、ナースの黄金プレイとか、ヘンな連想して笑っているひとは?