monologue 2013.06

2013.01 2013.02 2013.03 2013.04 2013.05
2012.01 2012.02 2012.03 2012.04 2012.05 2012.06 2012.07 2012.08 2012.09 2012.10 2012.11 2012.12
2011.01 2011.02 2011.03 2011.04 2011.05 2011.06 2011.07 2011.08 2011.09 2011.10 2011.11 2011.12
2010.01 2010.02 2010.03 2010.04 2010.05 2010.06 2010.07 2010.08 2010.09 2010.10 2010.11 2010.12
2009.01 2009.02 2009.03 2009.04 2009.05 2009.06 2009.07 2009.08 2009.09 2009.10 2009.11 2009.12
2008.01
2008.02 2008.03 2008.04 2008.05 2008.06 2008.07 2008.08 2008.09 2008.10 2008.11 2008.12
2007.01 2007.02 2007.03 2007.04 2007.05 2007.06 2007.07 2007.08 2007.09 2007.10 2007.11 2007.12
2006.01〜2006.03 2006.04〜2006.06 2006.07〜2006.09 2006.10〜2006.12
2005.01〜2005.03 2005.04〜2005.06 2005.07〜2005.09 2005.10〜2005.12
2004.12




2013.06.46 Σ( ̄□ ̄;



いやはや、更新が滞って申し訳ありません。リアルで忙しい、なんてあまりここで言いたくはないんですが、privateの方でもいろいろありまして、なかなか時間がとれませんでね。本も結構あれこれ入手しているのに、ほとんど読んでいない始末です。

お写真はなんとかかんとか読み終えることのできた本の一部。

「モラヴァジーヌの冒険」ブーレーズ・サンドラール 伊藤守男訳 河出書房新社
「パリ南西東北」ブーレーズ・サンドラール 昼間賢訳 月曜社
「死者の軍隊の将軍」イスマイル・カダレ 井浦伊知郎訳 松籟社
「ミステリウム」エリック・マコーマック 増田まもる訳 国書刊行会
「あなたはなぜ『嫌悪感』をいだくのか」レイチェル・ハーツ 綾部早穂監修 安納令奈訳 原書房

そのほか、お写真撮ってないけど、ジュール・ヴェルヌの中・短篇集「永遠のアダム」(文遊社)、レオ・ペルッツの「レオナルドのユダ」(エディションq)、パウル・シェーアバルトの「虫けらの群霊」(未知谷)など。我が国の出版界もそうそう捨てたもんでもありませんなあ。