monologue 2013.07

2013.01 2013.02 2013.03 2013.04 2013.05 2013.06
2012.01 2012.02 2012.03 2012.04 2012.05 2012.06 2012.07 2012.08 2012.09 2012.10 2012.11 2012.12
2011.01 2011.02 2011.03 2011.04 2011.05 2011.06 2011.07 2011.08 2011.09 2011.10 2011.11 2011.12
2010.01 2010.02 2010.03 2010.04 2010.05 2010.06 2010.07 2010.08 2010.09 2010.10 2010.11 2010.12
2009.01 2009.02 2009.03 2009.04 2009.05 2009.06 2009.07 2009.08 2009.09 2009.10 2009.11 2009.12
2008.01
2008.02 2008.03 2008.04 2008.05 2008.06 2008.07 2008.08 2008.09 2008.10 2008.11 2008.12
2007.01 2007.02 2007.03 2007.04 2007.05 2007.06 2007.07 2007.08 2007.09 2007.10 2007.11 2007.12
2006.01〜2006.03 2006.04〜2006.06 2006.07〜2006.09 2006.10〜2006.12
2005.01〜2005.03 2005.04〜2005.06 2005.07〜2005.09 2005.10〜2005.12
2004.12




2013.07.21 sun

以前RCAケーブルを取りあげたときに言ったんですが、どうもHoffmannnにはロジウムメッキは肌に合わないんですね。もちろん、メッキの材質だけで音が決まるわけではないと思うんですが、RCAケーブルに関しては、気に入らないケーブルを放出していったところ、とうとうロジウムメッキのプラグを持つモデルは手許からなくなっちゃった。

だから、以後は脱ロジウム路線で、電源ケーブルもロジウムメッキを避けて・・・と思っていたんですけどね、いや、電源ケーブルに関しては、ロジウムメッキのプラグでも、お気に入りがあるんですよ、たとえば昨日挙げたAbsolute Power II-18なんて、何度聴きくらべても、嫌いにならない(笑)ま、このへんは決めつけないで柔軟にいきましょう。

電源ケーブルに関しては、ロジウムも「ばっちこい」ですか?(^o^*

いや、なんかね、やっぱり無メッキの方が好きなんだけどね

Hoffmannさんは優美お姉ちゃんみたいな「スッピン」がいちばん好きなんですよねっヾ(^∇^*

以前にも言ったことがありますが、気に入ると同じものをもうひとつ入手するのがHoffmann流。電源ケーブルで2本持っているのはFurutechのAbsolute Power II-18とAcrolinkの7N-P4020III PC、A2DのケーブルにWATTGATEプラグのケーブル。AbsolutePowerII-18と7N-P4020III PCがロジウムメッキのプラグです。

あら、
無メッキプラグでTransparentのHPPLも2本ありませんか?


それは3本持っている(笑)







2013.07.20 sat




最近導入した電源タップ、ORBのPower Bar Smart 6です。お写真撮ってませんが、その後Power Bar Smart 4も買いました。もちろん6はソケットが6口、4は4口です。いずれもロジウムメッキ、金メッキ、無メッキのモデルがあって、Hoffmannは無メッキが好きなので、6口、4口とも無メッキのモデルを入手しました。

お写真のとおり、ソケットは1口タイプのものが横を向いて並んでいるので、少々大きめのACアダプタなどを挿しても、左右両隣に干渉しにくいのがいいですね。筐体はレザートーン加工のスチールケースで重量があり、音もその印象に似てどっしり系。高域側に妙な癖とか個性を感じさせないところが好ましいところ。常用のPS AUDIOのDuet、Juice Bar IIとくらべると、空間再現がいま一歩かな。それでも自宅に持っていってみたところ、そちらで使っていたOYAIDEのOCB-1SXを押しのけて、居座ることになっちゃいました。

電源ケーブルは2pinのものが付属していましたが、我が家は3pinでいけるので、いくつかためしてみたところ、FurutechのAbsolute Power II-18、TransparentのHPPLあたりが好結果でした。あと、お値段格安なところで、A2DのケーブルにWATTGATEのプラグを付けた、あのshop(わかります?)のケーブルもかなりいいですね。HPPLもそうなんですが、やっぱり無メッキ同士のcombination故、ってことかな。結局いま自宅では、HPPLで6口、これにプリ、メイン、Phono-EQを接続、A2Dの「それ」で4口、こちらにuniversalプレーヤーを接続しています・・・って、あれ? アナログプレーヤー(ターンテーブル)はどこに?



放出されたOCB-1SX。これ、自宅に電源工事施す前から2台使っていたんですけどね。やや軽量で、重い(太い)ケーブルを挿すと本体が傾くとまでいかなくても、四隅のどこかが浮き気味になることも。真四角でケーブル直出しってのも、どうも設置しにくかった。その点、Power Bar Smartはまさしくその名のとおり、スマートに設置できるのもメリットです。



こちらPS AUDIOのDuet。入手できるならもう1台欲しいくらいなんですが、残念、製造完了となって久しく、後継機種も一向に。